会員ページ

所属、メールアドレス等に変更があった方はログイン後、変更届画面から、登録内容を変更してください

ご挨拶

 日本放射線腫瘍学研究グループ(JROSG)は平成18年7月11日に特定非営利活動法人 日本放射線腫瘍学研究機構(NPO-JROSG)の認可を受けて以来、本機構の中心的な理念である「広く一般市民を対象として、悪性腫瘍などに対する最適な放射線療法の普及のために、多施設共同研究事業や国内外の研究状況の情報の収集を通じて、科学的根拠に基づいた放射線療法を確立するとともに、得られた成果を広く社会一般に対して周知せしめるための事業を行い、もって社会全体の医療福祉の増進に寄与することで社会貢献すること」を実現すべく、放射線治療に関する臨床試験や調査研究、広報および啓蒙活動を実践して参りました。本機構は、放射線治療を行っている全国の90を超える大学病院、がんセンター、一般病院などが参加し、250名を超える放射線腫瘍医、診療放射線技師、医学物理士、看護師などの様々な職種の個人会員で構成されています。臨床試験や調査研究を行う疾患特異的な部位別専門委員会という各臓器のスペシャリストの集団では、種々の部位のがんに対する放射線治療を中心とする治療法開発やその有効性を検証する研究を推進しています。臨床試験の科学的および倫理的な妥当性、実行可能性を審査する臨床試験審査委員会、臨床試験が安全に実施されていることを評価する効果・安全性評価委員会、また今年度から生物統計家およびデータセンター機能も整備され、臨床試験を推進する研究組織として整備が充実してきております。このような臨床試験などの研究とは別に、一般の方々に向けて悪性腫瘍や放射線治療に関する理解を深めるため、悪性腫瘍や放射線治療に関連する情報を分かりやすく発信する教育広報活動も積極的に行っております。本機構のホームページはそのアクセスのひとつの窓口ですが、講演会や出版物、また他の情報共有ツールを駆使して、さらに広く情報の発信できる体制を整えていく予定です。本機構の運営は、個人会員からの会員費、協賛企業からの協賛金や寄付、出版事業などのからの収益を主体に運営されています。そのため、財政的にも独立性、中立性が担保されています。今後も本機構の活動に理解と協賛をして頂く個人会員ならびに企業などを増やして、活動をさらに活性化させていきたいと考えています。

 放射線治療は、手術療法や化学療法と並びがんの根治的な治療方法の一つとして確立しています。手術療法や化学療法との併用や組み合わせで治療を行う集学的治療としても、肺がん、食道がん、頭頸がんなど多くの腫瘍で標準治療として広く実施されています。最近の技術的な進歩で、より安全にかつ正確に放射線を照射する技術や機器が開発され、放射線治療の役割が益々大きくなってきています。加えて超高齢化社会の到来も目の前に迫っており、手術療法や化学療法より侵襲が少なく高齢者でも安全に施行できる放射線治療の重要性は、今後もさらに多くになっていくことと考えられます。そのような時代に対応をすべく、本機構では放射線治療の有効性をしっかり検証する専門的でアカデミックな活動をさらに推進すると共に、その成果や活動を分かりやすく伝えることで、一般の方々が必要な時に的確に必要な情報にアクセスできる拠点になるべく、その体制を整備していく所存です。また、放射線治療を含むがん治療においてもグローバル化が進んでいます。そのため、国内の他の臨床試験グループや組織との連携はもちろん、海外のグループとの連携や協力も必要不可欠な時代になっています。このような広い視点に立った連携を実現することで、新治療技術の有効性や安全性の早期検証や新規薬剤と放射線治療との併用効果に関する臨床試験など、さらに質の高い臨床試験や研究の実施とスピーディーな推進も可能になり、またこれらの研究結果の波及効果も大きくなります。そのためには、現在の本機構の組織体制をさらに充実させ強固にしていく必要があります。

 最後に、平成25年9月から三橋紀夫前理事長から理事長職を引き継ぎましたが、上記の目標や目的を達成するため、さらに本機構を充実・発展させていく所存ですので、今後ともさらなるご協力を頂けるようよろしくお願い致します。

平成25年9月24日
理事長 秋元 哲夫