会員ページ

所属、メールアドレス等に変更があった方はログイン後、変更届画面から、登録内容を変更してください

NO:05-2013

JROSG10-4参加のお願い

特定非営利活動法人
日本放射線腫瘍学研究機構 JROSG
正会員

拝啓

 新緑の候、先生におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。また、平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

 さて、この度、プロトコル番号:JROSG 10-4、「子宮頸癌の放射線治療予後予測因子としてのバイオマーカー(ApoC-II)の再現性評価に関する多施設共同前向き試験」の症例登録期間が1年延長になり、2014年3月末までとなりました。
現在、御参加施設の皆様に鋭意努力していただいておりますが、150例の目標症例数に対して40例と、症例集積が思うように進んでおりません。
本試験の概要は放射線治療を従来通り施行して頂き、治療前と治療終了後1ヶ月の時点で採血をして頂きます。放射線治療に抗癌剤を加えても加えなくても、どちらでも結構です。採血サンプルはSRLが受け取りに行きますので、全血で渡して頂きます。
治療前後のアポリポ蛋白とMMP-1、MMP-2、SCC値を測定し治療効果や予後との関連を調べます。
JROSG会員の皆様には、この研究の趣旨を是非ご理解いただき、ご参加を賜りますようお願い申し上げます。


敬具

【プロトコール詳細】

 URL:http://www.jrosg.jp/protocol/protocol_list.html

【JROSG10-4研究事務局】
播磨洋子
関西医科大学附属滝井病院 放射線科
〒570-8507 大阪府守口市文園町10-15
TEL:06-6992-1001/FAX06-6993-3865
E-mail: harima@takii.kmu.ac.jp

戻る