会員ページ

所属、メールアドレス等に変更があった方はログイン後、変更届画面から、登録内容を変更してください

NO:20-2014

婦人科腫瘍委員会の活動報告

特定非営利活動法人
日本放射線腫瘍学研究機構 JROSG
会員 各位

謹啓 向暑の候、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。また、平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。下記の通り、婦人科腫瘍委員会の活動をご報告いたします。

婦人科腫瘍委員会委員の紹介

委員長:戸板孝文(琉球大学)
委員:生島仁史(徳島大学)、宇野 隆(千葉大学)、大野達也(群馬大学)、楮本智子(埼玉県立がんセンター)、加藤真吾(埼玉医科大学国際医療センター)、兼安祐子(福山医療センター)、清原浩樹(群馬大学)、五味弘道(聖マリアンナ医科大学)、戸板孝文(琉球大学)、徳丸直郎(佐賀大学)、中野隆史(群馬大学)、新部 譲(聖路加国際病院)、西村哲夫(静岡がんセンター)、野田真永(群馬大学)、播磨洋子(関西医科大学)、若月優(放射線医学総合研究所)

活動報告

  1. 研究終了(論文化)
    1. 1) Sakata K, Sakurai H, Suzuki Y, Katoh S, Ohno T, Toita T, Kataoka M, Tanaka E, Kaneyasu Y, Uno T, Harima Y, Nakano T. Results of concomitant chemoradiation for cervical cancer using high dose rate intracavitary brachytherapy: Study of JROSG (Japan Radiation Oncology Study Group). Acta Oncol. 2008;47:434-41.
    2. 2) Toita T, Kato S, Niibe Y, Ohno T, Kazumoto T, Kodaira T, Kataoka M, Shikama N, Kenjo M, Tokumaru S, Yamauchi C, Suzuki O, Sakurai H, Numasaki H, Teshima T, Oguchi M, Kagami Y, Nakano T, Hiraoka M, Mitsuhashi N. Prospective multi-institutional study of definitive radiotherapy with high-dose-rate intracavitary brachytherapy in patients with nonbulky (‹4-cm) stage I and II uterine cervical cancer (JAROG0401/JROSG04-2). Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2012; 82: e49-56.
    3. 3) Tokumaru S, Toita T, Oguchi M, Ohno T, Kato S, Niibe Y, Kazumoto T, Kodaira T, Kataoka M, Shikama N, Kenjo M, Yamauchi C, Suzuki O, Sakurai H, Teshima T, Kagami Y, Nakano T, Hiraoka M, Mitsuhashi N, Kudo S. Insufficiency fractures after pelvic radiation therapy for uterine cervical cancer: an analysis of subjects in a prospective multi-institutional trial, and cooperative study of the Japan Radiation Oncology Group (JAROG) and Japanese Radiation Oncology Study Group (JROSG). Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2012; 84: e195-200.
  2. 研究終了(論文執筆中)
    1. 1) I,II期子宮頸癌根治的放射線治療成績:全国集計…研究代表者:戸板孝文
    2. 2) 子宮頸癌治療後のQOLに関する全国調査—放射線療法群と手術療法群の比較—(平成22・23年度JASTRO課題研究班との共同研究)…研究代表者:兼安祐子
  3. 研究実施中
    1. 1) 子宮頸癌の放射線治療予後予測因子としてのバイオマーカー(ApoC-II)の再現性評価に関する多施設共同前向き試験:JROSG10-4…研究代表者:播磨洋子
    2. 2) 骨盤リンパ節転移を有する子宮頸癌術後放射線療法/化学放射線療法:全国調査…研究代表者:徳丸直郎

今後の活動方針

臨床試験で解決すべきクリニカルクエスチョンを探索的に検討する、多施設共同調査研究を中心に実施していきたいと考えています。

以上

こちらの報告内容は、JROSGホームページ内の部位別専門委員会のページでもご確認いただけます。
今後ともJROSGの活動へご指導、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

謹白

戻る