会員ページ

所属、メールアドレス等に変更があった方はログイン後、変更届画面から、登録内容を変更してください

NO:41-2014

JROSG共同研究 NKEA: NK/T細胞リンパ腫観察研究へのご案内

特定非営利活動法人
日本放射線腫瘍学研究機構JROSG
参加施設各位

平素より大変お世話になっております。
JROSG事務局でございます。
下記の通り、JROSG共同研究 NKEA: NK/T細胞リンパ腫観察研究へのご案内 をご報告いたします。
詳細は添付ファイルをご確認いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

新世代治療導入後の未治療NK/T 細胞リンパ腫における治療実態把握と予後予測モデル構築を目的とした国内および東アジア多施設共同後方視的調査研究 (NKEA project)
参加のご案内


拝啓

秋冷の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
平素より多くのご指導を賜り、心より御礼申し上げます。
本日はNK/T 細胞リンパ腫に関する調査研究へのご協力をお願いしたく、ご連絡申し上げております。
NK/T 細胞リンパ腫では放射線治療が治癒の鍵と考えられています。
そこで本研究では、各参加施設の血液・腫瘍内科医と放射線腫瘍医が共同で、
通常の後方視的研究における病理診断・治療前背景因子・治療内容・予後に関するデータに加えて、有害事象と放射線治療の内容に関する情報を収集することで、
わが国の治療実態を反映した信頼性の高い研究成果を得ることを目指しています。
血液・腫瘍内科医の先生方には、複数のメーリングリスト等を通じて、すでにお願いを臆させていただいております。
趣旨をご理解いただき、ぜひとも研究への参加をご検討いただきますようお願い申し上げます。

ご施設により、血液・腫瘍内科医と放射線腫瘍医の先生方の連携状況はさまざまと存じます。
調整が難しい場合はこちらからのご連絡も可能ですのでご相談ください。
参加・不参加にかかわらず、まずは添付の一次調査についてご回答をいただければ大変幸いです。
本研究へのご参加、ご指導を何卒よろしくお願い申し上げます。


敬具
2014年10月吉日


新世代治療導入後の未治療NK/T 細胞リンパ腫における治療実態把握と
予後予測モデル構築を目的とした国内および東アジア多施設共同後方視的調査研究
(NKEA project)


研究代表者/研究事務局 三重大学 山口素子
海外研究事務局/解析事務局 島根大学 鈴木律朗
放射線治療研究代表者 がん研究会有明病院 小口正彦
海外参加施設代表者 サムスン医学センター Won Seog Kim
病理中央診断担当病理医 長野県立須坂病院 浅野直子
研究施設代表者 三重大学 片山直之

※送信先:三重大学血液内科 山口 素子
FAX: 059-231-5419 または Eメール:waniwani@clin.medic.mie-u.ac.jp

※郵送先:〒514-8507 津市江戸橋2-174 三重大学血液内科 山口 素子 宛

※問い合わせ先:公益財団法人 がん研究会 有明病院 放射線治療部
小口正彦 oguchi@jfcr.or.jp

詳細は下記をご確認下さい
ニュース41-2014:参加のご案内NKEA141016
ニュース41-2014:NKEA概要141018
ニュース41-2014:14NKEA一次調査141016
ニュース41-2014:NKEA三重大承認書

戻る